35人に1人

登校拒否ってどのくらいの人数がなってしまうのか調べてみました。中学生だと35人に1人の割合だそうです。

 

近年だと人数の増加は頭打ちのようですが、平成12年くらいまではずっと増え続けていました。実際の所はどうなんでしょうね。ただデータとして出てこなかっただけで、昔からそういうのはあったような気もします。

 

それにしても、自分の息子がこのようなことになるとは思っても見ませんでした。小さころは普通に遊び回っていましたし、そんな素振りには全く気づきませんでした。

 

ただ、もう学校には行きたくないみたいですね。あまり無理に行かせても逆にねじ曲がってしまいそうです。

 

通信制高校のことも考えていましたが、そもそも中学不登校で、入学条件に適うのかもわからないので、その点も確認してみたところ、一応大丈夫なようですね。

 

そういった子に対応した通信制高校もあるそうです。一安心です。

 

最近では家の中でもパソコンだけでできる仕事なども増えているそうなので、最悪、高校の卒業証書だけでも頂ければ、あとのことはなんとかなるのかとも思っています。

 

パソコン経由だとしても、周りの世界と関わりを持ってくれれば、段々回復するかもしれません。

 

こういうときは厳しくあたると良くないと思うので、長い目で優しく接していければと・・・・。

未分類